2010年05月20日

<口蹄疫>大分、鹿児島両県で種牛などの移動を検討(毎日新聞)

 宮崎県での口蹄疫感染の拡大を受け、大分県は18日までに、同県竹田市の県畜産研究部で飼育している種牛と種牛候補の計36頭を県内数カ所の農場に分散させる方針を固めた。また、鹿児島県の伊藤祐一郎知事も18日、県が曽於(そお)市の県肉用牛改良研究所で飼育する種牛と種牛候補の計53頭の避難を検討していることを明らかにした。種牛への感染を防ぐのが狙い。

 伊藤知事は避難について「いろいろシミュレートしている段階」としたうえで「移動させた方が安全かどうか、確認中」と述べた。

【関連ニュース】
口蹄疫:家畜損失補償、特別交付税で 原口総務相
口蹄疫:東国原知事、宮崎県内に非常事態宣言
口蹄疫:初動対応「問題ない」 赤松農相
口蹄疫:「全頭処分」も検討 平野官房長官
口蹄疫:殺処分対象11万頭を突破 新たに15農家で確認

<ラジオ>ネットで聴取「ラジコ」 予想以上の好調(毎日新聞)
「首相、幹事長は辞職を」民主県議3人申し入れ(読売新聞)
5月末は「国民との約束」=普天間移設問題で鳩山首相(時事通信)
<転落>小1男児死亡 誤って用水路に 茨城・竜ケ崎(毎日新聞)
【法廷から】ネット犯罪に手を染めた中国人留学生の代償(産経新聞)
posted by ヒダカ ミツマサ at 17:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。